目の下のたるみは老け顔の素|クリニックの手術で取り除ける

レディー

手軽なプチ整形で悩み解消

フェイス

プチ整形が人気

自分の全てが大好きと自信を持って言える人、羨ましいですね。しかし多くの人は自分の容姿に何らかの悩みを持っているのではないでしょうか。特にファッションで隠し切れない顔の悩みは特に気になるものです。最近は上手なメイクで顔のコンプレックスを克服される方も多いですが、年齢とともに変化する目の周辺はメイクでも隠し切れない部分があります。特に目の横、目の下のくま、たるみ、瞼の腫れぼったさは、美容液でマッサージをしてもなかなか改善できません。そこで注目されているのがプチ整形です。以前は整形というと、切ったり縫ったりする手術が危ないのではないかとか、手術後に後遺症があるのではないかなど、マイナスイメージもありましたが、安全な上に、自分に合った方法が選べるようになり、手術を受ける人も増えているのです。従来のメスを使う手術もありますが、ご自身の脂肪やヒアルロン酸を注入する方法、まぶたなどたるんでいる部分を縫いつめる方法など、年齢や状態に合わせた手術を選べるようになっているのです。

施術と術後の注意

プチ整形の中でも特に目の下のたるみやくま、瞼の形などについて注目してみると、施術時間は30分程度からとなっており、入院の必要はなく日帰りできます。費用は施術内容や目の下、目の上など位置によっても違いますが、両目で10万円程度からが相場のようです。ご紹介した方法以外にも、美容外科独自の方法があったり、今後も新しい施術方法が生まれてきそうですので、同じたるみを取る施術をする場合でも、ご自分の年齢や状態に合わせて医師とよく相談することが大切ですね。目の上、目の下ともに、術後は1週間程度通院して、状態の確認や消毒を行う必要があります。シャンプーや洗顔、コンタクトレンズの使用など傷に障る場合もあるので、術後の生活については医師から説明を受け、注意をきちんと守りましょう。現在の技術では術後の傷は全く残らないか、残ってもほとんど分からないと言いますが、それも術後のケアをきちんとしてこそです。パッチリ二重、たるみのない目、悩みを解消して憧れの目元を作れるといいですね。