目の下のたるみは老け顔の素|クリニックの手術で取り除ける

レディー

新しい施術方法

レディー

目の下はたるみができやすい部位です。顔の中でも最もたるみが生じる部分だと言っても過言ではありません。このたるみを治す手術としては裏ハムラ法があります。これはまぶたの周りを切り開くのではなく、結膜に穴を開けることで、脂肪を別の場所に移動させる方法です。この移動によってたるみがなくなります。また、目元もパッチリするので、切らない手術としてだけでなく、美容整形の意味もあります。効果の期間としては半永久的に持続することです。この手術の相場価格としては、30万円から40万円前後かかります。治療法の中でもリーズナブルな価格に属しています。ダウンタイムの期間も短いというのもメリットです。これは従来のハムラ法とは異なる手術です。

セルリバイブジータと呼ばれる手術が、目の下のたるみを解消するのに非常に効果的だということで人気が出てきています。これは血小板の役割を利用して肌の活性化を狙ったものです。どのようなメリットがあるのかというと、効果の持続性が非常に長いということです。最低でも3年以上はメンテナンスが必要ではないです。他の施術方法の場合は施術を受けたあと、目の下の凹凸が生まれる場合があります。また、副作用も全くありません。これは自身の血液を使っているからです。施術時間としては1時間程度で済みます。ダウンタイムは2週間程度です。腫れることもありますが、特別なアフターケアは不要です。目の下のたるみを治療する手術としておすすめです。