目の下のたるみは老け顔の素|クリニックの手術で取り除ける

医師

疲れた顔を改善しよう

女の人

目の下のたるみは症状がひどくなると自分で改善するのは難しくなります。しかし美容整形を利用するなど工夫をすると改善できるようになるのです。目の下のたるみ治療で知っておきたいのが手術だけでなくヒアルロン酸注射など方法が色々あるということです。

View Detail...

手軽なプチ整形で悩み解消

フェイス

目の下のたるみや腫れぼったさをとる手術はプチ整形として今人気が出ています。手術は短時間で術後も傷跡など残らない方法でできるようになりました。医師の説明をきちんと守り、ご自身に合った内容で望みの目元を作れるといいですね。

View Detail...

脂肪除去で目元の若返り

顔

切らない施術

目の下のたるみの治療は多くの選択肢があり、たるみの原因の1つになっている余分な脂肪を除去する脱脂術が人気となっています。一般的に注入やレーザーなどの照射治療と比べると手術による治療が目の下のたるみには効果が高いといわれています。しかし怖くて施術に踏み出せない人が多いのではないでしょうか。目の下のたるみの手術は日々進化しており、今までは下まぶたの下を切開する方法が一般的でしたが、最近は切開せずにたるみをを治す治療が主流となってきました。中でも人気が高い施術に経結膜脱脂術があります。これはまぶたの裏側から脂肪を取り出します。この手術は切らないので体への負担が少なくて済み、傷口がまぶたの裏側なので見えません。そして半永久的に効果が継続するという特徴があります。

最新技術の脱脂術

切開手術を必要としますが人気が高い目の下のたるみ治療があります。それは「ハラム法」といわれています。この治療は切る脱脂術の最新技術であり高度な技術を必要とします。そのためどこでも受けられる施術ではありません。しかしハラム法では脂肪を取り出さずにくぼんだ部位に余分な脂肪を動かすことで目の下の凹凸が気になるこはありません。したがってハラム法では余分な脂肪を取り出した部位の凹みが気になる場合でもヒアルロン酸などの注入をする手間が省くことができます。切開を要する手術なのでダウンタイムは長くなりますが、効果は半永久的に継続する特徴があります。「このハラム法を試したいけどやはり切開はしたくない」という人にお勧めなのが「裏ハラム法」です。こちらは切開せずに下まぶたの裏側にある結膜に穴を開けて余分な脂肪をくぼんだ部位に移動させる手術法です。こちらはダウンタイムが短く、傷跡も残らず、効果が半永久的でヒアルロン酸などの注入の必要もなく理想的な施術といえます。しかし余分な脂肪が多い人には不向きとされます。さらに非常に高度な技術が必要なので慎重に施設を選ぶ必要があります。

新しい施術方法

レディー

目の下のたるみを治療する手術として裏ハムラ法があります。結膜に穴を開けてそこから脂肪を移動させるというものです。また、セルリバイブジータがあります。これは血小板を使って肌の再生を行うものです。ダウンタイムが少ないなどメリットが多いです。

View Detail